周囲とのコミュニケーションはワーママにとって必要不可欠なもの

朝型のメリットとデメリット

生活を朝型にすると、かなり時間を有効に使えるようになります。
お子さんがまだ小さい時はなるべく就寝時間も早めにしたいと思いますので、思い切ってお母さんもお子さんと一緒に寝る習慣をつけて早朝に起きる朝型の生活リズムを身につけると楽になります。早朝に起きることで自分の時間も確保できますし、一日にこなさなければならない家事の大半を済ませてしまえば帰宅後にするべきことが減るので子供と一緒に寝ることも可能になります。
デメリットとしては、子供が体調を崩したときに深夜も起きなければならなくなり睡眠時間が減ることでしょうか。しかしそれも一時的なものですし、早寝早起きは健康にも良いのでお勧めです。お肌の調子も良くなり、毎日快適に過ごせることは間違いないと思います。

朝型と夜型、どちらが自分に合っているか

朝型の生活の場合は、21時半頃までに就寝して5時か4時半起床という形が通常ですが、夜型の場合は23時半頃までに就寝して朝は6時頃起きるという形になると思います。
朝の6時でも十分に時間はありそうですが、自分の時間を作るのは難しくなります。しかし夕飯の支度や洗濯物を干す時間、簡単な掃除をする時間はぎりぎり何とかなるので、夜型の場合は必ずやらなければならないことを中心に朝の時間を使っていくことをお勧めします。
夜型とはいえ、どんなに遅くても24時までには就寝して最低6時間の睡眠時間は確保しておきたいところです。朝が苦手なワーママにとってはかえって都合が良いかもしれません。自分がどちらに向いているかはやってみないと分からないので、まずは両方試してみて下さい。自分が楽な方を選択することが家事を効率的にこなすコツにもなります。


TOP